森の音あんど

体にも自然にもやさしいお洒落なトレーニングチェア

お洒落なトレーニングチェア「あんど」

 紀州材を用いたトレーニングチェアです。紀州材を用いることでやさしい手触りになっています。また、プラスチック塗料は使わず天然塗料を使用していますので、体にも地球にもやさしいつくりとなっています。
 幼いお子様がいるご家庭も安心です。さらに、シンプルなデザインとなっているので、洋室和室問わずお好きな部屋で体力づくりを行うことができます。

個人の能力に合わせたやさしいトレーニング

個人の能力に合わせたやさしいトレーニング

 負荷に油圧シリンダーを使っているため、ゆっくり動かすと少しの負荷が、速く動かすと大きな負荷がかかるようになり、利用者の力に合わせた負荷がかかるようになっています。
 そのため利用者の筋力に合わせて無理なく体力づくりを行うことができます。

元気な高齢者やリハビリ向けに最適

個人の能力に合わせたやさしいトレーニング

あんどは、高齢者や低体力者が気軽に安心して筋力を回復させるための専用トレーニングマシンとして開発しています。
 主に元気な高齢者のフィットネスや医療機関での高次脳機能障害によるリハビリ等でよく利用されています。
 小型・軽量で場所を取らないため、いろいろな場所でご利用できます。

両脚でも片脚でも…広がるトレーニング方法

左右独立した筋力トレーニング

 他の椅子と異なり可動部が片脚づつ分かれているので、両脚揃えてのトレーニングだけではなく、片脚のみのトレーニングや両脚を交互に動かすようなトレーニングもできます。
これにより、歩いている状態をイメージしやすくなっています。また、片脚を重点的に鍛えたい方にも最適です。

負荷に油圧シリンダー

 油圧シリンダーは、それ自体でトレーニングの負荷を調整できますが、さらにシリンダー内の油が流れる量を調整することにより、負荷の大きさを8段階に調整できるタイプのシリンダーも用意しています。


負荷調整型の油圧シリンダー 負荷調整型
(油の流れる量を調整することで、8段階に負荷の大きさが調整できます。)

レッグエクステンションとレッグカール

脚の伸縮(レッグエクステンション、レッグカール)の2種類の運動を行うことができます。
1度に10回を1日3セット行うだけで元気に歩くことができる体力が身に付きます。


レッグエクステンション

レッグエクステンション

脚を伸ばす運動です。大腿四頭筋を鍛えることができます。
大腿四頭筋は体の中でもっとも筋肉量が多い筋肉で、歩く、走る、脚を上げる、しゃがむ等あらゆる動作の時に働き、日常生活をしていく上でもっとも重要な筋肉です。


レッグカール

レッグカール

脚を曲げる運動です。ハムストリングを鍛えます。
ハムストリングは股関節を伸ばす動きや膝を曲げる動きに必要な筋肉群ですが、拮抗する関係にある大腿四頭筋ほどの筋力はありません。ただし、ハムストリングの筋力は最低でも大腿四頭筋の60%はないと、筋力のバランスが悪くなってけがをしやすくなります。

従来よりも各段に簡単になったセッティング

収納

今まで手間のかかっていたトレーニング部分の収納が各トレーニング部分を押し込むだけで、
簡単に収納することができるようになりました。
これによって、より気軽にトレーニングを行うことができます。
また、収納後はリビングチェアとしても使用できます。

トレーニングは、脚を伸ばす運動(レッグエクステンション)と脚を曲げる運動(レッグカール)の2種類ができます。

スペック


あんど画像
 
素材 フレーム:無垢紀州ヒノキ
シート:ウールまたはビニールレザー
脚あてパット:ウールまたはビニールレザー
負荷 油圧シリンダー
サイズ 高さ995×幅600×奥行き726
(座面高400)
重量 11.6kg
種類 ウール(ベージュ)
レザー(赤、青、緑、オレンジ)

>>無料レンタルサービスを行っています

>>カタログ・価格表をダウンロードする

    他の製品を見る
    お問い合わせする
    ご注文はこちら

オプション

上肢の筋力トレーング

上肢筋力トレーニング(プッシュアップ、プルダウン)

オプションで、「あんど」の背もたれ部分に、上肢の筋力トレーニングキットを取り付けることができます。
筋力トレーニングは、油圧シリンダーを負荷にした上肢のプッシュアップ、プルダウンができます。
油圧シリンダーについては、負荷調整型と単機能型のいずれかを選ぶことができます。

座面クッション

座面クッション

身長の高い人にもトレーニングができるように、座ったときの座面を高くします。
使い方は、ふとももの下に、座面クッションを置きます。 身長が約165cm以上の方がトレーニングをする場合には、必要となります。

プロモーションビデオ

ページの先頭に戻る